Weraのユニークな六角レンチ HEX-PLUS

2019年2月7日

使用頻度は高くないものの、無いと時々困るのが六角レンチ。キャップスクリュー(六角穴付きボルト)用のレンチです。自転車業界限定でアーレンキーと呼んでいるやつです。

これは何年か前に購入したWeraの六角レンチセット。
六角の棒を曲げたタイプではなく、丸棒を曲げて先端だけ六角に加工してあります。六角棒を曲げたものよりしなりにくいということです。

 

 

ソケットレンチなどではスナップオンの特許が切れてからは大抵の製品が「面接触」になっていますが、六角レンチで「面接触」になっているのはWeraだけ。
なめてしまって回らなくなった六角ボルトをWeraで回したら簡単に回ったというような話もあるようです。

WERAの特徴

これがHEX-PLUS。辺の中央に近いほど凹んでいます。

 

 

 

これでなくては回らなかった、というネジにはまだお目にかかっていませんが、普通に使うときもネジが痛みにくいのではないかと思います。

 

インチサイズ

これはインチサイズの六角レンチ。
たまにミリサイズだと合わないキャップスクリューがあるので何本か持っています。
ミリサイズでも硬くなければ回せてしまう場合もありますが、やっぱり収まりが悪いのでインチサイズがあるに越したことはありません。

 

これはホームセンターで買ったように記憶していますが、エイトという六角レンチ専門メーカーのもの。
エイトは日本のメーカーで、六角なのになぜエイトかという素朴な疑問がふつふつと湧き上がるのですが、創業時の社名が八百(やお?)製作所となっているのでそれが由来なのでしょうか。

ホームページには類似品にご注意と書かれていますが、本物と類似品の見分け方は書いてない...SNCM+V®という刻印はあるので本物かなぁ?
安物はすぐに変形してしまい使い物にならなくなるので、そういう意味では本物ぽいけど。