VANTRUE ドライブレコーダー N1 Pro を購入

2019年2月15日

リア用のドライブレコーダーとしてVANTRUE N1 Pro を購入しました。

到着~開封

最近買ったドライブレコーダーはみんなこんな感じのパッケージに入っていました。
下に付属品の箱が入っています。

 

クレジットカードとサイズ感を比べてみます。

 

シガーライタープラグはコード直出しのタイプ。USB Micro Bケーブルには大きなフェライトコア? が付いています。

 

カバーを回すとUSBコネクターがあります。
ケーブルは3mほどありますが、軽自動車のリアガラスまで70cmほど足りず。

 

正面。グリップのような出っ張りがあってカメラっぽい雰囲気。

 

モニター側。側面にはマイクロSD用スロットとUSB Micro-Bコネクターがあります。

 

 

底部にはミニHDMI端子とリセットボタンがあります。

 

吸盤マウントには電源用のUSB mini Bコネクター。

 

カメラ取付部には端子があります。VANTRUEの機種によって形状が異なるようです。

 

サンディスクの32GBを購入。

 

アダプター付き。

 

マイクロSDカードを挿し込みます。
取説では切り欠きのある方が上になっていますが...

 

逆です。

 

LCDは1.5インチなので文字はかなり小さくなります。
これは西日本/東日本の切り替え。

 

フレームレートは30fps。

 

GPSは別売りですが無料で入手も可能

Amazon等の正規販売店で購入した場合、Amazonのレビューを書いたり、YouTubeに撮影した動画をアップロードするとGPS付きのマウントをもらえるようです(2019年1月中旬時点。機種や時期で違うかも)。
ただし、このGPSは時刻の取得や補正ができないようです。

動作温度

Amazonの商品説明では動作温度について

動作環境温度:0-70°C
保存温度:‐10-80℃

と書かれていますが、本家サイトでは

Working Temp. -4℉ ~ 158℉ (-20℃ ~ 70℃)
Storage Temp. 14℉ ~ 131℉ (-10℃ ~ 55℃)

となっています。
どちらが正しいのかは不明...

取り付け

ケーブルは延長しないと軽自動車でもシガーソケットからリアガラスまで届かないので、最初はこれを購入しました。

シガーソケットもひとつしかないので、これも購入。

ところがリアから引っ張ってきた付属ケーブルのシガープラグ部分がグローブボックス奥にあるECUの近くに来てしまい、とりあえず固定したものの、シガープラグが発生しているかもしれないノイズがECUに影響しないかちょっと心配になりました。

USBの延長ケーブルは規格外になるものが(たぶん)多いため大手のサードパーティー等からはあまり販売されていません。
データ転送に使うわけではなく、ドライブレコーダーの電源に使うだけなので、USBケーブルを延長してもおそらく問題ないのではないかと思います。
ドライブレコーダーに多いmini Bタイプの延長ケーブルは選ぶほど種類がありませんが、Amazonで販売されている安価なケーブルがあったので購入してみました。
価格は送料込みで360円ほどで、海外発送らしく3週間ほどかかるようです。
Yahooショッピングにもありますが、Amazonに比べると価格はだいぶ高くなります。

しばらく先になりますが、届いたらこれに交換します。

 

感想

まだ少ししか撮影していませんが、映像はまずまずきれいです。
信号は常時高速点滅していますが、確認した範囲では消失したままになることはありませんでした。

良い点と悪い点を挙げると、

良い点:
小型軽量
マイクロSDカードは256GBまで使える

残念な点:
GPSが非搭載
オプションのGPSは時刻補正ができない
60fpsで撮影できない

256GBまで使えるなど、VANTRUEは基本性能ではなかなかいい感じですが、ノイズ対策がされていないっぽいのと、GPSが残念。
軽自動車のリア用としてはまずまずかも。