【読みだしたら止まらない本 21】オリジン / ダン・ブラウン

2020年3月15日

宗教象徴学者ラングドンは、スペインのグッゲンハイム美術館を訪れていた。元教え子のカーシュが、“われわれはどこから来て、どこへ行くのか”という人類最大の謎を解き明かす映像を発表するというのだ。しかし発表の直前、カーシュは額を撃ち抜かれて絶命する。一体誰が―。誰も信用できない中で、ラングドンと美貌の美術館長・アンブラは逃亡しながら、カーシュの残した人工知能ウィンストンの助けを借りて謎に迫る!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07PMM4K7X/

生物の起源と人類の未来という、回答のない謎が本作のテーマ。
ダン・ブラウンの特徴である、ポピュラーで普遍的なテーマを斬新な視点で切り込むという面白さは本作にも生かされています。

ただ内容的には「天使と悪魔」や「ダ・ヴィンチ・コード」に比べるとちょっと薄味というか、ネタ切れ気味な感じはします。

舞台は主にスペインですが、モンセラート修道院、サグラダ・ファミリア、エル・エスコリアル、グエル公園、ソフィア王妃芸術センターなど、20年以上前のスペイン旅行で行った場所がたくさん出てきて、記憶を辿りながら読むという楽しさがありました。

読書

Posted by takumi-ya